• 風水講座
    初心者にもわかりやすく解説
  • 風水墓鑑定(陰宅)
    墓地選びから埋葬時期、お墓の向きまで鑑定
  • 風水鑑定の道具
  • 北海道
  • 青森、岩手、宮城
  • 秋田、山形、福島
  • 東京、神奈川、埼玉、千葉
  • 茨城、栃木、群馬、山梨
  • 新潟、長野、富山、石川、福井
  • 愛知、三重、岐阜、静岡
  • 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山
  • 徳島、香川、愛媛、高知
  • 岡山、鳥取、島根、広島、山口
  • 福岡、大分、佐賀 、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

風水講座

「河図・洛書」

  • 河図、先天八卦図
    河図(かと)とは?伝説の皇帝である伏儀(ふっき)が黄河で白と黒の模様の馬を発見しました。そのときの馬の模様を龍馬図(りゅうばず)、その模様が
    「河図図(かとず)」 といい、河図図(かとず)に易の卦に直したのが先天八卦図(せんてんはっかず)といわれるものです。

    河図

    ・洛書、後天八卦図
    夏王朝の始祖とされている禹が父の後を引き継ぎ黄河の治水工事を行っていました。その時に白と黒の模様のある亀が発見されました。この亀の模様を神亀図(じんきず)、その模様を「洛書図(らくしょず)」とよばれ、周の文王が洛書図を発展させたのが後天八卦といわれるもので易経の基となるものです。
    洛書

 

        風水講座TOP
・風水とは何か?語源や起源種類龍、穴、砂、水、向陰陽五行説四神相応とは?
河図、洛書八卦の象意八方位と二十四山真北と磁北張り欠け、建物の中心    
巒頭、形殺八宅派紫白九星派玄空飛星派                                    

・本サイトに掲載されている画像、文章を含め、全ての内容の無断転載・引用を禁止します

ページのトップへ戻る