• 風水講座
    初心者にもわかりやすく解説
  • 風水(陰宅)
    墓地選びから埋葬時期、お墓の向きまで鑑定
  • 八宅派の解説
    いろんな流派がありますがポピュラーな八宅派を解説
  • 風水鑑定の道具
  • 北海道
  • 青森、岩手、宮城
  • 秋田、山形、福島
  • 東京、神奈川、埼玉、千葉
  • 茨城、栃木、群馬、山梨
  • 新潟、長野、富山、石川、福井
  • 愛知、三重、岐阜、静岡
  • 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山
  • 徳島、香川、愛媛、高知
  • 岡山、鳥取、島根、広島、山口
  • 福岡、大分、佐賀 、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

風水講座

語源や起源

・風水の起源は殷王朝(中国では商王朝)の時代
(紀元前16世紀~前1046世紀、現在は河南省の安陽あたり)殷墟から甲骨片(亀の甲羅や牛や鹿等の動物の骨)が発見され、亀の甲羅や牛や鹿等の動物の骨に小さな穴を開け、熱した金属の棒を差し込み、しばらくすするとひび割れができる。その割れた形で色んな事象を占った。
・紀元前770年、中国最古の歴史書『書経』(尚書)に周公旦(魯の開祖、周王朝の文王の子)が召公に命じて洛邑で都に相応しい場所を探させて候補の2つの場所を「卜宅」で決めたという記述があります。

・語源は、郭璞(かくはく 西暦279~324年)
「葬書(葬経)」「気乗風則散 界水則止 古人聚之使不散 行之使有止 故謂之風水」

「『気は風に乗じて散じ、水に界すれば止まる』古人はこれを聚めて散ぜしめず、これを行いて止めるあり、故にこれを風水と謂う」
つまり、気は風に乗ってくるのですが、留めるようにしないと散ってしまう、水で集めるようにするということです。
山で風を取り込むことを蔵風(ぞうふう)、川や池で水を取り込むことを聚水(じゅすい)または得水(とくすい)といいます。

それまでは「 堪輿 」「相地」「地理」等と呼ばれていました。

      風水講座TOP
・風水とは何か?語源や起源種類龍、穴、砂、水、向陰陽五行説四神相応とは?
河図、洛書八卦の象意八方位と二十四山真北と磁北張り欠け、建物の中心    
巒頭、形殺八宅派紫白九星派玄空飛星派                                

・本サイトに掲載されている画像、文章を含め、全ての内容の無断転載・引用を禁止します

ページのトップへ戻る